MENU >>

ファーストインプラントセンター東京

Tel. 03-3549-0290

TOP >  インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは?

歯を失っても、より咬みやすく、より自然に口の機能を回復したい、そして若くありたい。

インプラントはそういう願いを実現できる治療法です。
インプラントとは?
義歯と異なり、取り外し式ではなく固定式のため、あたかも天然の歯のように審美的・機能的回復が可能です。歯を失った部分のみの処置でブリッジのように前後の歯を削りません。
また、骨がやせ細ることはなく、お手入れすることにより半永久的に維持が可能な治療法です。

歯を失うとどうなる?

歯を1本でもなくしてみると、歯以外にも様々なものを失うことに気づくでしょう。自然に微笑むことができなくなったり、リンゴやクラッカーなど、食べたいものが噛めなくなるかもしれません。
歯や口がいつも気になり、残っている歯まで深いに感じることもあるでしょう。また、筋肉痛になったり、はっきりしゃべればくなったり、頭痛に悩まされることもあります。
もちろん、歯を失ったことで生じる影響は人によりさまざまです。それは具体的に歯のどの部分を失ったかによっても異なってきます。歯冠だけを失った場合は歯の見える部分をなくしたことになりますが、歯根も失ってしまった場合には歯の見えない部分もなくしたことになります。
歯根は歯を顎骨に固定し、歯冠をしっかりと支えている部分です。(左図参照)。歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨は除々にやせ細り、残った健康な歯が移動してきて、やがて噛めなくなる恐れも出てきます。
歯冠を元通りにするにはいくつかの方法があります。しかし、歯全体、つまり歯冠と歯根の両方を再生するなら、歯科インプラントが唯一の方法です。

インプラント治療の利点は?

ブローネマルクシステムによる歯科インプラントの開発は、近年の歯科学の進歩の中でも非常に画期的なものです。ブローネマルクシステムでは、抜けた歯の外見と機能を、歯冠から歯根まで元に戻すことができるのです。インプラント治療では、人口歯根を埋入し、歯冠を支えます。噛むときの圧力は想像以上に大きく、これに耐える為にはその支えが必要なのです。ブローネマルクシステムの歯科インプラントは、自然の歯と同様に、この環境に耐えられるように作られています。そして、現代の歯科技術により、インプラントで支えられる歯冠の形や色は、生まれる気持っている歯と同様に作る事が可能になっています。

ブローネマルクシステムは最大の特長は、効果が半永久的に続くということです。統計によると、このインプラント治療後に何らかの支障が出た人の割合は 100人中2人未満で、他のどのインプラント治療でもこれだけの長期にわたる安全性を提供することはできません。ブローネマルクシステムによるインプラント治療が初めて行われたのは30年以上前の事で、それは今でも患者さんの口の中で問題なく機能しています。今日では、あらゆる世代にわたる60万人以上の人々が、ブローネマルクシステムの恩恵を受けています。

どのような歯の状態にも利用できるように開発されたこの独特の治療法を選ぶ人は、当然のことながらますます増加しています。1本であれ複数であれ歯をなくした方にとって、インプラント治療こそ、歯の健康を取り戻す最良の方法なのです。

インプラントはどのように機能する?

1950年代初頭にスウェーデンの科学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士によって、非常に丈夫で軽量な金属、純チタンが骨の組織とよく結合することが発見されました。彼はそのプロセスをオッセオインテグレーション(osseointegration)と命名。これがブローネマルクシステムの基礎になっています。

インプラント治療の第一段階は、チタン製の人工歯根をあごに埋入することです。このチタン製の歯根は徐々に骨に固着し、生まれながらに持っている歯根と同じ様に歯根をしっかりと支えます。この安定性によって、多くの人々の口腔機能と生活の質が向上しました。

天然歯根に支えられている歯冠は、歯の機能的な部分です。歯冠の外側の層はエナメル質という身体の中でも最も硬い組織から成っています。人工歯冠は歯茎の中にある人工歯根にしっかりと固定され、その形と色は周囲の歯と同様に作られます。

ブローネマルクシステムによるインプラント治療を行うと、抜けた歯の周囲の骨の喪失が抑えられ、また回復してくることさえあります。歯科インプラントは、歯の機能と外観を元通りにすることができる優れた治療法なのです。

30年以上の実績を誇る最も安全なインプラント

一口にインプラントといっても様々なシステムがあり、その基づく理論や特性、治療法、安全性はそれぞれ異なります。ブローネマルクシステムによるオッセオインテグレーテッド・インプラントは、1952年にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、チタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたものです。博士はその後13年間、綿密な基礎実験と動物実験を重ね、チタンがある一定の条件で骨に埋入された場合、チタンに対する骨の拒否反応はまったくといってよいほど起こらず、そればかりかチタンの表面を覆う酸素の膜を通して強い結合が生まれることを確信しました。そして1965年、初めて人工歯根としての臨床応用をスタートし、以来、最も信頼性の高い歯科インプラントとして世界中で使用されています。

世界中で多くの人々が愛用

長期間にわたる生物学的な研究により、チタンと骨の組織が一体化することが科学的に証明されました。
これら基礎研究から外科学、補綴学まで、ハード・ソフトの両面から研究開発が積み重ねられています。このような綿密な調査・研究により、長期にわたる良好な予後が期待できる、信頼性の高いシステムが確立したのです。
ブローネマルクシステムのインプラント療法は、世界70地域以上で導入されています。この30年間で約60万人の患者さんが治療を受け、快適な生活を手に入れました。
1983年に初めて導入された日本では、まだなじみが浅いかもしれません。しかし、ブローネマルクシステムは世界各国でインプラント治療の代名詞として広く知られているのです。

お気軽にお問い合わせ下さい

Tel. 03-3549-0290

度歯周病治療センター/中央ファーストデンタルクリニック

高度歯周病治療センター/
中央ファーストデンタルクリニック

住所 : 東京都中央区明石町5-19・1F

診療時間

平日 9:30~13:00 / 14:30~19:00
9:30~13:00 / 14:30~18:00
水・日・祝日 休診日
(C) First Dental Clinic All Rights Reserved.